記事一覧

高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的弱点

こんにちは~🎵お疲れ様です😌💓

【Yahooニュースより】

東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は“初速度”が違っていた。3万5千人を超えるランナーたちの先頭を、アフリカ勢が圧巻のスピードで駆け抜けていく。ベルリンやロンドンなどで見られていた光景がTOKYOでも繰り広げられた。

 ファーストペースメーカーは5kmを14分15秒、10kmを28分50秒という世界記録(2時間2分57秒)を上回るスピードで飛ばしていく。中間点の通過は1時間1分22秒。「世界記録を狙う」と宣言していたウィルソン・キプサング(ケニア)は悠々とレースを進めていた。

 トップ集団のなかに日本勢の姿はない。有力選手の大半は“日本人向け”ともいうべき、「2時間7分前後」に設定されたサードペースメーカーの後ろを走っていた。中間点の通過は1時間3分39秒。この地点でキプサングに2分17秒もの大差をつけられた。

 先頭は30km(1時間27分47秒)まで世界記録を上回るペース。キプサングは終盤に少しペースダウンして世界記録を逃すも、世界歴代12番目のパフォーマンスとなる2時間3分58秒でゴールテープに飛び込んだ。日本国内最高記録(2時間5分18秒)を大幅に塗り替えるレースはまさに世界最高クラスの走りだった。

 一方の日本勢は井上大仁(MHPS)の2時間8分22秒(8位)が最高で、山本浩之(コニカミノルタ)、設楽悠太(Honda)、服部勇馬(トヨタ自動車)の3人が2時間9分台でフィニッシュした。井上はサードペースメーカーにつかず、10kmを29分13秒で突っ込んだ後、自分のペースに切り替えた。

 そして、先行していた設楽を38km付近で逆転。2度目のマラソンで、日本人トップに輝いた。攻めの走りと冷静な判断。終盤の粘りに勝負強さ。そのレース運びは十分に評価できるものだろう。しかし、世界と比較すると、やはり物足りない。

 東京マラソンのメディアガイドには、2006年以降の「ワールドマラソンメジャーズ歴代トップ50」の記録が掲載されている。その一番上はデニス・キメット(ケニア)がベルリンで刻んだ「世界記録」の2時間2分57秒。で、一番下に記されているタイムが2時間5分52秒だ。今回、井上がマークした2時間8分22秒は、世界的にはほとんど評価されないタイムといえるだろう。

優勝したキプサングと井上のタイム差は4分24秒。これが世界と日本の実力差だ。
 
 東京マラソンは今回からコースがリニューアル。ランナーたちを苦しめた佃大橋など、臨海部における橋、坂、風を避けたレイアウトになり、「高速コース」として生まれ変わった。前回までは日本人選手に合わせたようなペース設定だったが、今回は世界記録を目指したように、「グローバル・スタンダード」ともいうべきレースディレクションに方向転換した。

 その結果、日本勢は誰もトップ集団についていくことができなかった。これはどこかで見たことがある光景だなと思っていると、日本勢が中間点を前に後退していった一昨年の北京世界選手権を思い出した。振り返ると、昨年のリオ五輪も集団のペースが少し上がっただけで日本勢は対応できなかった。

 ちなみにリオ五輪の優勝タイムは2時間8分44秒。中間点を1時間5分55秒で通過した後、金メダルを獲得したエリウド・キプチョゲ(ケニア)は30~40kmの10kmを29分09秒で突っ走った。また同大会では後半に猛烈な追い上げを見せて、6位に食い込んだジャレッド・ワード(米国)以外の入賞者は、30kmまで先頭集団でレースを進めている。後方から脱落した選手を拾っていく、日本勢が得意としてきたようなレースは世界で通用しなくなりつつある。日本のマラソン界に足らないのは絶対的な「スピード」だ。

 東京で異次元の走り披露したキプサングが履いていたのはアディダスの「サブ2」というシューズだった。アディダスのライバル社であるナイキは、昨年12月に「マラソン2時間切り」を目標にしたイノベーションプロジェクト『Breaking2』を発表した。

 世界は「2時間切り」という日本では考えられないほど、大きなスケールの取り組みを始めている。世界がサブ2に向かっているということは、レースはさらに高速化していくということだ。近い将来、ハーフで1時間を切るペース。すなわち、1km2分50秒というスピードで42.195kmを駆け抜けるランナーが出てくるかもしれない。いまだに「サブ10」(2時間10分切り)を達成すれば、及第点ともいえる日本陸上界は時代から取り残されている。

 サブ2は、10km28分20秒を4回ちょっと続けて走ることになる。1万mで28分を切れないような選手はまったく相手にならない。グローバル・スタンダードで考えると、日本が取り組むべき「方向性」は明らかだ。

 本気で世界と戦う気持ちがあるなら、「2時間8分台」ではなく、せめて「2時間3~4分台」で走るためのアプローチを考えないといけない。2時間8分台は5kmを15分10~15秒というペースになるが、2時間4分台なら14分45秒、2時間3分台なら14分35~40秒というペースが必要になる。2時間8分台と2時間3~4分台では求められるスピードが全然違ってくる。2時間3~4分台で走破するために、2時間8~9分台で走ることがステップになるのか。それとも、2時間3~4分台のペースでどこまで行けるのかを試すのか。目指すべきスタイルはおのずと見えてくるだろう。

今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表選考レースは4つある。

 各選考会で日本人1位の成績を収め、派遣設定記録(男子は2時間7分00秒)を突破すると代表「内定」となるが、日本人選手で「2時間7分00秒」という目標を掲げていた選手はいない。福岡国際は川内優輝(埼玉県庁)が日本人トップで2時間9分11秒、別府大分は中本健太郎(安川電機)が制して2時間9分32秒。びわ湖を残すとはいえ、東京に出場した有力ランナーは、「2時間8分台で日本人トップになれば日本代表になれる」と考えていて、その“先”を見つめているようには感じなかった。

 コンデイションにも恵まれた高速コースの東京で2時間8分を切れないようでは、アフリカ勢とは勝負できない。世界大会に「選考レースで結果を残した3人」を選ぶのが目標なのか。それとも世界大会で「メダルをとる」のが目標なのか。日本陸連も東京マラソンのように大胆に舵を切る必要があるだろう。たとえば、選考基準に「選考レースで2時間8分を切らなければ代表に選ばない」という項目をつければ、選手たちの“目線”も変わるはずだ。

 条件の悪いレースも出てくるが、その場合は、「2時間8分以内の走りに値するだけのレースを見せた選手」という条件を付け加えてもいい。いずれにしても、日本でしか評価されない低レベルのなかで争っても、大きな進歩は見られない。

 結果だけを見ると、厳しい現実を突きつけられた今回の東京マラソンだが、希望の光も差し込んでいる。
 それは初マラソンとなった設楽悠太の快走だ。設楽はついていく予定だった1km2分58秒ペースで引っ張るセカンドペースメーカーが機能しなくても、サードペースメーカーの背後にまわることはしなかった。

「他の日本人選手が行かなくても、気にしていませんでした」と、1万m27分42秒71のスピードを生かして、駅伝で見せるような積極的な走りを披露。トップ集団を追いかけるように、前半から攻め込んだ。ペースメーカーの力を借りることなく、中間点を1時間1分55秒で通過。途中まで2時間3~4分台を狙えるペースで走っていた。終盤は失速したものの、練習では35kmまでしか走っていない。しっかり準備したうえでマラソンに参戦できれば、終盤のペースダウンは抑えられるはずだ。

 日本陸連の瀬古利彦長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「積極的に行きながら、2時間9分台でまとめてくれました。マラソンの能力が高いなと感じました」と設楽を評価した。
 
 さらに、「4分半という世界との差を埋めるのは難しい。でも、設楽君のように、スピードのある選手が世界基準のレースをしてくれれば2時間5分台、4分台は出ると思います」と話した。

 東京五輪まであと3年半。世界と戦うためには、設楽のようなスピードランナーが高速レースにどんどんチャレンジしていく。現状を考えると、この方法しか日本マラソン界の突破口はないような気がしてならない。

                                                                                                              

Youtube,Amazon,Googleマップ,DMM,楽天,Google,ポケモンGO,Facebook,東京オリンピック,Twitter,FC2,ANA,Amazon,楽天市場,クックパッド,電力,自然フリー画像,zozoTown,価格.com,AU,docomo,JTB,USJ,天気予報,apple,iPhone7,小林麻央ブログ,君の名は,市川海老蔵ブログ,モンスターストライク,JRA,ピコ太郎,トランプ大統領,横綱稀勢の里,

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ