記事一覧

脳が壊れた僕と発達障害の妻が、最後に皆さんに訴えたいこと されど愛しきお妻様【最終回】

こんにちは~🎵お疲れ様です😆🎵🎵

【Yahooニュースより】



41歳で脳梗塞で倒れたルポライターの鈴木大介さんが、「大人の発達障害さん」のお妻様とタッグを組んで過酷な現代社会をサバイブしてきた18年間を振り返る本連載、なんと最終回です(号泣)。前回から引き続き、2人の「脳が壊れた」ことによって失ったものと得たものについて振り返ります。

 バックナンバーはこちら http://gendai.ismedia.jp/list/series/daisukesuzuki



photo by iStock

男だったら典型的な「だめんず」

 脳梗塞を発症して高次脳機能障害になった僕と、発達障害を抱えながら生きてきたお妻様。2人が近しい当事者感覚の中に立つことで、修羅場を繰り返してきた我が家は、出会いから18年を経てようやく平等の平穏を得た。けれども、それが幸運に幸運が重なったうえでの僥倖だということは重々承知だ。

 それでもこの僕ら夫婦の物語を「心ほっこりいい話」で終わらせたくない理由は、これまで社会的困窮者の取材を主軸に活動してきた僕は、我が妻と同様に「脳に不自由を抱えた人たち」が、社会から差別され排除され、攻撃の対象になり、社会と対立しているケースすら多く見てきたからだ。

 きれいごとを抜きに、論を展開したい。

 ケアされるべき彼らが排除される理由として、どうしても避けて通れないことがある。彼らは基本的には被害的な立場に置かれることが多いが、一方で場面によっては「加害的な側面」も持ち合わせているということだ。

 大きな誤解を招きかねないので、ここは改めて慎重に書く。

 例えば僕自身、病後に自力で感情の抑制が難しくなったのは、本当に苦しい経験だった。けれど、そこで抑制を諦めてしまっていたら、もしくは努力しようとも抑制不可能なほどに障害が重かったらどうだったろう。

 間違いなく僕は、ちょっとしたことでも場所や相手をわきまえずに怒鳴り散らす、猛烈に加害的なパーソナリティになっていたと思う。病前からトラブルを暴力で解決する傾向があれば、一層手のつけようのない暴力の加害者に、かつ「もの凄く苦しさを抱えた加害者」に、僕はなっていただろう。

 高次脳機能障害当事者の抱える問題の中、感情の脱抑制や暴言・暴力は非常に大きくて悲惨な問題で、家族や周囲に多大なストレスや苦痛を与え、本来ケアされるべき当事者が周囲から排除され、孤立してしまう原因でもある。そして残念なことに、同様のことはその他の「脳にトラブルを抱えた」当事者にも共通する。

 では、発達障害当事者のお妻様の場合はどうか。彼女には障害を理由としてできないことが多くあり、幼少時代から成人期に至っても家族や僕に責められ続けた。その意味では、間違いなく彼女は被害的な立場だった。

 だが一方で、「やれんことはやれん」と開き直って能動的な家事をしなくなり、仕事に出ることもなかったお妻様は、僕にとって加害的でもあったと言えるし、重荷で負担でなかったといえば絶対に嘘になる。お妻様にだって、被害と加害の両面の顔があるのだ。

 お妻様がもし男性ならと考えたら、いっそう分かりやすい。働かない家事しない。一度機嫌を損ねたら、たとえ自分が悪くてもずっとしつこく不機嫌のまま。

 本当は何らかの不自由があって働けなかったり感情のコントロールが出来ないのであっても、第三者から見てそれは典型的な「だめんず」で、言うまでもなく加害的な男性像として周囲からは捉えられるだろう。もし苦手な意思表示の手段の中に暴力が加わるなら、完全に悪質な加害者だ。

弱者を加害者的立場に追い込むのも周囲の環境

 こうして思考を展開していくと、果ては戦後のお父ちゃんのちゃぶ台返しや、米国の帰還兵問題などにまで波及する。戦場経験をした男性の多くはPTSDを抱えていただろう。PTSDでやれなくなることや抱える苦しみも、高次脳機能障害と同様に発達障害やその他の精神疾患など「脳が不自由」な当事者のものと合致する。

 となれば、家族に怒鳴り散らしちゃぶ台をひっくり返しお母ちゃんを殴り、酒におぼれて仕事に行かないお父ちゃんは、実はものすごい苦しみを胸に抱えていたのかもしれない。自身で抑制できない感情に、自分を責め続けていたのかもしれない。

 もちろん、お母ちゃんや子どもをぶん殴った時点でお父ちゃんはアウト。その加害像は絶対肯定したくない。

 けれど、加害的になってしまった時点で、そのお父ちゃんの苦しさはほかの人に一層理解されなくなり、支援の対象ではなくなり、お父ちゃんは孤立したのではないか。さすがにお妻様の背後にちゃぶ台返しの親父を想像するのは離れ業だが、よくよく考えれば両者には何の差異もないことに気付く。

 そしてこうした思考の先に見える人物像に、僕は強い既視感を感じるのだ。被害経験をもつ「本来は支援の対象の人々」が、ネガティブで攻撃的で面倒くさい性格や言動のために、様々な支援の手からも家族や友人や地域社会からも孤立したり、加害的な立場になってしまっている。

 それは、まさに僕がこれまでの著書で指摘してきた貧困の定義=「単に低所得なのではなく、様々な理由で無支援状態に陥りその困窮が継続している人々」=そのものなのだ。

 ならば、改めて彼ら彼女らに近しい立場となった僕は、一歩考察を進めて彼らの代弁をしなければならないと思う。

 結論はこうだ。

 「弱者を加害的な立場に追い込むのも、また周囲の環境」

 不自由を障害にするのが周囲の環境なのと同様に、不自由だったり被害的な弱者を追い詰めて加害的な立場や排除の対象してしまうのも、環境や社会なのではないか。

洗い物は夫婦の「手の皮膚が頑丈な方」がやるべき

 例えば、再びお妻様のケース。脳の不自由は可視化や想像を馳せることが難しいので、体質の弱点に例を求めよう。お妻様は手の皮膚が弱い。あらゆる洗剤で手がかぶれて変な汁が出てくるし、天然ゴムにもラテックスにもアレルギーがあるから、無理に水仕事をやらせると、見ているのも苦しくなるぐらい痛々しい状態になってしまう。

 結果、お妻様が脳腫瘍に倒れて僕が家事を100%背負い込む前は、台所は洗い物が溜まりがちで、堪え兼ねて忙しい仕事の合間を縫って食器洗いをする僕の、大きな負担になってきた。だが当時、そんな状況を知った多くの人から、特に女性から、こんな声を何度も聞いた。

 「分かる分かる! 私も同じだったから。私も結婚したばかりのころ、洗い物で手が荒れて痛くてかゆくて気が狂いそうで、いろいろな洗剤を試したけど駄目だった。でも、手をボロボロにしながら頑張ってたら、子ども生んだころからマシになって、今は普通にやれてるよ。いやー、鈴木さんもよくやるよね~。仕事も家事も、大変でしょう? 

 ええ大変です。僕の中に、洗い物をやってくれない妻に対しての被害者意識があったときは、こうした言葉にねぎらいの気持ちも感じていた。

 けれど、僕自身が色々なことを「やれない人」になった今、そのねぎらいの言葉の背後に隠されたメッセージを、どうしても無視できない。そのメッセージとは

 「お妻様は頑張って自分のやれないことを克服しなくて済んでずるい=加害的だ」

 というもの。

 確かに人には向き不向きがあって、不向きなことにも挑戦して乗り越えていくことが成長。けれども、頑張ってやった結果乗り越えられるかどうかの結果は、努力の量だけでなく個人差に左右されることは、忘れられがちだ。

 そして「頑張っても、やりたくてもできないひと」になってみた僕は、こうした言葉が非常に残酷なものに思えてならない。

 反論したい。大前提として、そもそも女性が家事をやり、洗い物などの水仕事をするものだと、誰が決めたのだ? そんな疑問を持たず、あるいは持ったとしても自分の中で消化して、努力して家事の辛さを乗り越えてきた、そんなあなたたちを否定しようとは思わない。けれど、

 「女性とはそうした仕事をするもので、それがやれるのが女性の価値」

 「みんなも私も、はじめはできなくても頑張ってできるようになったんだ」

 「だからやれて当たり前。やれないのは頑張ってないから」

 女性と家事にまつわるそんな言説に、「やれて当たり前」がやれないお妻様のような女性が、どれほど肩身が狭い思いをし否定の中に埋没してきたのかと思うと、気が遠くなる。

 では、少なくとも家庭の中で、洗い物をするのは夫婦どちらの担当か? 正解は「手の皮膚が頑丈な方」だろう。どちらが外で働いているかとかは関係ない。そしてそのルールの下でなら、洗い物をしない(できない)お妻様に加害性など微塵もないではないか。

 手の皮膚が弱者なお妻様にとって、その弱点の評価を「夫に洗い物をやらせる加害的な女」に変えてしまったのは、間違いなく「洗い物は女性がやるもの」と決めつける前提と、「やれて当たり前」「みんながんばってやれるようになってきた」を押し付けた社会や慣習といった環境だ。

 嗚呼、お妻様がなぜ「頑張る女集団」「できる女集団」の中で浮くのかの理由が手に取るように分かるが、間違っているのは頑張れる人たちだ。むしろ手の皮膚が弱い女性に水仕事を強要することの方が虐待なのではないかとまで思えてきた。

 どうにもジェンダーな話に傾いたが、もちろんこれは、男性にとっても同様だろう。男ならこのぐらいのことでくじけるな。男なら働いて家族を養って当たり前。男なら女を守れ。そんな言説に、「やれて当たり前のことができない」男はどれほど自尊心をくじかれつつ生きてきたのだろうか。

 現代の日本はまだまだ女性の方が「やれて当たり前」に苦しめられるシーンが多いように感じてはいるが、働かない夫の背景にも「うまく働けない」という苦しさと障害があったのかもしれない。

 僕自身が「できない人」になったことで、これまで取材してきた、または身近に接してきた、いろいろな「不自由な人」の不甲斐なく悔しい気持ちが、とめどなく僕の中に流れ込んで来たような気がした。

 たかが洗い物の話だが、これは弱者に無理解な社会の縮図だ。「やれる者」を前提に作られた常識や環境が、「やれない者」を加害的にしたり、排除や差別の対象にまでしてしまう。なんて残酷だろう。

「障害に甘えるな」はNGワード

 僕の抱えた高次脳機能障害はあくまで中途障害で、僕には「元健常者」の感覚もある。そのうえで、読者に、社会にお願いしたい。

 まず健常者(というより非当事者)は、脳に問題を抱えた当事者が「やりたくてもできない」ことがあり、その目には見えない機能の欠損と不自由感が大きな苦痛を伴っているのだという理解を大前提にしてほしい。その上で、彼らがやれないことを押し付けたり「やれて当たり前」の価値観をかざしたりせず、彼らのやれることを共に発見評価してほしい。 

 一方で当事者は、自らができないことと、なぜできないのかを自ら把握し、できる限り非当事者にその不自由感がどんなものなのかを伝え、発信する試みをしてほしい。当然その際に非当事者は「障害に甘えるな」の言葉を絶対に発さないでほしい。

 言葉にするのは簡単だが、社会にこうした考えが通底するまでには、とてつもなく遠大なプロセスが必要なのだと思う。けれどそれは、少なくとも家庭や職場といった小さなユニットのなかであれば、今日からでも始められる改革だ。



photo by iStock

お妻様の脳腫瘍再発と「喪失」を恐れている

 さあ、大風呂敷を広げまくったが、基本の基本である我が家に立ち返ろう。どうだろう。こうして仕事部屋で原稿を書いている今、お妻様は背後で自分のパソコンに向かって、音楽動画を再生しながらスマホをいじっている。

 お妻様の縄張りである机の上はカオス。モニターの前には相変わらずの猛烈に意味不明なフィギュア類が彼女なりのルールで並べ立てられている。

 「お妻様。こんなことを書きました。とりあえず俺は、現状で僕らの家庭は安定だと思います。お妻様はまだ不自由なことがたくさんあるかもしれないけど、俺が不自由なことをお妻様がやって、お妻様が不自由なことはできる限り俺がやるよ。現状はそれでいいよね? 

 「いいと思うけど。でも最近あたし思うんだけど、もし大ちゃん以外の他の人と結婚してたら、殺されてるかもしれないなって。カッとなってやりましたって」

 自覚あるんですね。でもすみません。もうカレー皿は投げません。

 お妻様が「5年生存率8%」の告知を受けてからもう5年半。いや、まだ5年半。途中で僕自身もぶっ倒れてしまったけれど、本音を言えば僕はまだお妻様の脳腫瘍の再発と「喪失」を恐れている。

 この連載記事のサンプルを書き始めた真冬から、季節は巡って今は梅雨明け。お妻様の座る窓辺の外からはセミ声が聞こえてくるが、来年もまた2人で同じように平穏な気持ちでセミの声を聞けるかどうか、誰も僕に確約はしてくれない。

 夫婦の形は人それぞれで、正解の形もまた数えきれないほどあるのだろう。けれど、少なくとも僕らは辛いこともたくさんあった18年間を経て僕らなりの正解に肉薄することができたと思うし、有限の夫婦生活を1日1日、噛み締めて生きていきたいと思っている。

 「お妻様、こういう俺ってちょっと面倒くさい奴? 

 「面倒臭いねえ。あんた少女漫画に出てくるトキメキ初恋中2少女みたい。まあ、あたしも他の人から見たら相当に面倒な女だと思うけどね」

 ああ面倒くさい。しかし面倒臭さで張り合ってどうするお妻様。というか、1年中がワクワク昆虫観察男子小学生みたいなお前に言われたくないわ。ともあれ、我が家は平穏だ。

 本稿が、世の中のちょっとつまづいてる夫婦や、ちょっと面倒なパートナーを愛してしまった人や、色々な不自由を抱えた人たちに、その人たちなりの正解を導き出すヒントになってくれれば幸いだ。

 <ご愛読ありがとうございました。お妻様はいつまでも皆様の心の中にいます。またお会いしましょう! >

 バックナンバーはこちら http://gendai.ismedia.jp/list/series/daisukesuzuki









Youtube,Amazon,Googleマップ,小林麻央ブログ,Google,楽天,DMM,Facebook,JRA,Twitter,zozoTown,UNIQLO,Gmail,郵便番号,楽天市場、価格.com,2ちゃんねる,じゃらん,クックパッド,楽天トラベル,東京オリンピック,稀勢の里,大相撲名古屋場所,高安,白鵬,お中元,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ