記事一覧

ユニクロ「エアリズム」が猛暑でも快適な理由

こんにちは~🎵お疲れ様です😆🎵🎵

【Yahooニュースより】



梅雨が明け、いよいよ夏本番。うだるような暑さの中、平日の午前にユニクロ銀座店のメンズフロアを訪れると、ワイシャツ姿の男性たちが次々にパッケージに入った商品をまとめ買いしていた。快適性をうたった機能性肌着の「AIRism(エアリズム)」だ。

この記事の写真を見る

 これまで日本で肌着といえば、汗をよく吸う天然繊維の綿製が長年の常識だった。しかし、綿は吸水性が高い反面、乾きが遅いため、多くの汗をかくと肌着がべちょべちょになってしまう。

 一方、化学繊維を使ったエアリズムは汗の乾きが早く、サラサラ感が続くのが大きな特長。10年前の発売当初は化繊の肌着に抵抗を感じる消費者も多かったが、着用時の快適さが口コミなどで広がり徐々に浸透。シリーズ全体で年5000万枚以上売れる商品に育ち、今や日本の「夏の定番肌着」と呼べる存在になった。

■男性用はすべて東レが担当

 それを技術面で支えるのが、国内最大手の繊維メーカー・東レだ。同社はユニクロの発熱機能性インナー「ヒートテック」などの製造を手掛ける企業として有名だが、エアリズムも男性用はすべて東レが担当。糸の製造から縫製まですべての工程を担っている(女性用は基本的に東レと旭化成が分担して原糸を供給)。

 「同じエアリズムでも、男性用と女性用では優先している要素が異なる。男性は汗をかく量が多いので、特に吸汗速乾性を重視した商品に仕上げてある」。東レでユニクロ商品の開発を担当するGO事業部戦略開発グループの田畑次郎・技術主幹はそう話す。

 使っている基本素材は、衣料用化繊で最も一般的なポリエステル。化繊は綿に比べて乾きが早い。ただ、それは化繊自体にほとんど吸水性がないからで、そのまま肌着の衣地として使っても汗を吸ってくれない。

 そこで東レは、繊維構造に工夫を施すことによって、化繊生地に吸水性を持たせ、同時に速乾性もより高めた。田畑氏によると、活用したのは理科の時間に習う「毛細管現象」の原理。液体が重力とは関係なしに細い管の中やすき間を上昇していく現象だ。

 実は、男性用のエアリズムは、100本近いポリエステル原糸を1本に束ねた糸で生地を編んでいる。右下の断面拡大写真を見てわかるように、束ねられた各原糸の間には微細なすき間がある。

ここがポイントで、かいた汗は毛細管現象によってこのすき間を通り、生地の肌面から表側へと移動しながら拡散して蒸発する。このため、エアリズムは化繊なのに汗をよく吸い、しかも通常の化繊着より乾きも早いのだ。

■独自の極細糸で薄さや軽さを実現

 毛細管現象を利用した吸汗速乾着はスポーツウエアなどで以前からあり、原理自体は新しくない。エアリズムのすごさは、それを最先端の超極細糸で実現している点にある。

 先述した原糸の太さは8マイクロメートル(0.008ミリメートル)、髪の毛の約12分の1だ。当然軽く、たとえば長さ1万メートル分でも重量はわずか70グラム弱に過ぎない。東レが専用に開発したマイクロ繊維で、5年前に今のレベルの細さに到達した。

 いくら吸汗速乾性が高くとも、着心地が悪いと消費者から支持されない。スポーツシャツならまだしも、肌着であればなおさらだ。「エアリズムでは、まるで着ていないかのような着心地が求められた。薄さと軽さ、しなやかさをすべて実現するには、極限まで糸を細くする必要があった」(田畑氏)。

 男性用は発色の良い改質ポリエステル(カチオン可染型)で原糸を造っており、このタイプのポリエステルは糸を細くしようとすると切れやすい。それをここまで極細化できたのは、東レの高度な技術があってこそだ。同社の中でもこの超極細原糸を安定した品質で生産できる工場は限られ、石川工場(能登市)の特殊な設備を用いて製造している。

 エアリズムは消臭機能の向上など細かな改良が毎年のように施される一方、商品ラインナップも増えている。男性用では、2015年に通気性を高めた「メッシュ」編みタイプ、2016年にはシャツの上から肌着が透けて見えないよう、縫い処理の凹凸を極力なくした「シームレス」タイプの商品が登場した。

 このシームレスは、別の意味で画期的な商品である。というのも、首回りと袖部分の衣地の端が裁断されたままの状態で、「ほつれ防止」の縫い処理加工を完全に省いているからだ。にもかかわらず、洗濯を繰り返してもほつれず、多少力を込めて引っ張ろうが破けない。

東レによると、この商品だけは引き裂きに強いナイロン製の極細原糸を使用し、特許製法を用いた特殊な経(たて)編み組織と特殊加工の組み合わせによって実現したのだという。男性用で昨年発売されると、ユニクロには女性から同様の商品を望む声が相次ぎ、今年から東レが手掛ける女性用シームレスタイプも発売された。

■衣料用繊維の4分の1がユニクロ関連

 東レと、ユニクロを展開するファーストリテイリングは、今や切っても切れない深い間柄だ。両社は2006年に第1期の5カ年戦略パートナーシップを締結。東レはユニクロの専任部署まで設立し、ヒートテックや超軽量防寒着の「ウルトラライトダウン」、エアリズムといった大ヒット商品を生み出してきた。

 繊維ビジネスは東レの祖業で今も経営の大黒柱。昨年度(2016年度)の部門売上高は8920億円で、その約6割が衣料用途だ。ユニクロとの年間取引額は千数百億円規模にまで増え、今や衣料用繊維事業の売上高の4分の1を占める。

 ユニクロにとって、ごく普通の化繊衣料はコストの安い中国企業などの活用で十分事足りる。東レが担当するのは化繊衣料の中でも、技術によって快適性などを高めた「機能性衣料」のカテゴリー。ユニクロが考える商品コンセプトを聞いたうえで、糸の種類や生地の編み方・織り方などの仕様を詰めていく。東レが自ら商品の企画を提案するケースもある。

 「あらゆる点で従来の常識が通用しない」。GO事業部戦略開発グループの渡橋淳二・主任部員は、ユニクロとの取引をそう表現する。なにしろ、1アイテムの発注ロットがケタ違いに大きいうえ、商品の開発にはスピードが求められ、しかもコスト面の要求は非常に厳しい。

 そうしたユニクロとの取引で東レの繊維事業は鍛えられたと言えるが、渡橋氏は、意識面や商売のやり方も大きく変わったという。「かつての東レは、『こんなすごい糸、生地ができました』と。しかし、いちばん大事なのは、その技術でどんな商品を作れば消費者に喜んでもらえるか。ユニクロとの提携を通じて、消費者にとっての価値を真っ先に考える習慣が身に付いた」。

今年、春・夏シーズンで大ヒットした男性用の「感動パンツ」と「ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ」は、東レの独自技術と、そうした消費者の視点に立った細部の作り込みによって多くの支持を得た商品だ。いずれも通気性と速乾性に優れたパンツで、主にビジネスシーンでの着用を想定した感動パンツは薄くて軽く、幅広い年齢層に売れている。

■動きやすさとファッション性で人気に

 一方、ウルトラアンクルは、くるぶし丈のスポーティなパンツ。特殊なストレッチ糸を使い、非常に伸縮性が高くて動きやすい。しかも、生地に適度なハリ・コシを持たせたことで、ジャージーをはいたときのようなたるみができにくい。快適なうえに、ファッション性も兼ね備えるため、若い世代を中心に街着としても愛用する男性が続出している。

 ファストリと東レは一昨年秋、3期目となる新5カ年の戦略パートナーシップを締結。ユニクロはH&M、ZARAなど海外ライバル勢との差別化にもつながる機能性衣料カテゴリーをさらに強化し、2006年からの第1期で2500億円、2011年からの第2期で6000億円(いずれも5カ年合計)だった東レからの調達額を、次の5年間では1兆円にまで増やす計画だ。

 もちろん、東レにとっては絶好のビジネスチャンス。「われわれGO事業部の役割は、ユニクロが目指す『ライフウエア(究極の日常着)』の実現をサポートすること。原糸から衣地、縫製に至るまでの技術、ノウハウを生かし、魅力的な商品の開発に貢献していきたい」と技術主幹の田畑氏。ユニクロとの協業でどれだけヒット商品を創出できるかが、東レの衣料用繊維事業の成長性をも左右する。











Youtube,Amazon,Googleマップ,小林麻央ブログ,Google,楽天,DMM,Facebook,JRA,Twitter,zozoTown,UNIQLO,Gmail,郵便番号,楽天市場、価格.com,2ちゃんねる,じゃらん,クックパッド,楽天トラベル,東京オリンピック,稀勢の里,大相撲名古屋場所,高安,白鵬,お中元,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ