記事一覧

【iPhone情報】iPhone8に搭載されるA11プロセッサのベンチマークスコア情報が流出

こんにちは~🎵お疲れ様です😆🎵🎵

【iPhone情報】お伝えします



iPhone8やiPhone7s、iPhone7s Plusに搭載されると考えられるA11プロセッサの動作周波数やベンチマークスコアの情報が、リーク情報で有名な人物が公開しました。A10 FusionやA10X Fusionからさらに進化し、SamsungのGalaxy S8を上回るスコアを出しています。

A11は3.0GHz、A10と同様の構成か

iPhone8に搭載されるA11プロセッサの情報を、リーク情報に詳しい @Universeice (i冰宇宙)氏がTwitterで公開しました。同氏は、昨年8月の時点で未発表のiPhone7について、かなり正確な情報をリークした実績を持ちます。
 
A11プロセッサは、動作周波数が3.0GHzで、A10 FusionやA10 XFusion の2.3GHzから高速化しています。
 
また、A11は複数の異なるコアを組み合わせたヘテロジニアス・マルチプロセッシングで動作する、と記されています。これは、高性能と省電力の特徴を持つ2種のコアを組み合わせるA10 Fusionと同様の構成を指すと考えられます。
 

Beekbench4によるA11のベンチマークスコアも公開

@Universeice 氏はさらに、A11プロセッサのGeekbench4によるベンチマークテスト結果として、「4600,8500」と「4300,7000」と2組の数字を挙げ、最終的な結果はこの間になる、としています。
 


 
これらの数値は、ベンチマークテスト結果数字がのシングルコアが4600と4300の間、マルチコアが8500と7000の間、を意味すると考えられます。
 
現在までのiOSデバイスでは、最高スコアは新しいiPad ProのA10X Fusionプロセッサで、10.5インチと12.9インチがほぼ同スコアです。続いて、iPhone7/7 PlusのA10 Fusionプロセッサが続いています。
 
A11のシングルコアのスコアはA10X Fusionを上回りましたが、マルチコアの結果はA10X Fusionに及ばない、という結果となっています。
 


 
Androidスマートフォンのベンチマークスコアでは、シングルコア、マルチコアともにSamsungの最新鋭フラッグシップ、Galaxy S8とS8 PlusのExynos 8895がトップに立っています。
 
しかし、シングルコアで1966、マルチコアで6502というスコアは、今回リークされたA11のスコアと比較するとだいぶ見劣りする印象です。
 



本格的な量産が開始されたA11プロセッサ

2017年モデルとして発売が見込まれるiPhone8、iPhone7s、iPhone7s Plusの3モデルは、いずれもA11プロセッサを搭載すると考えられています。
 
今回のリーク情報で示された数値が正確なものかは不明ですが、A11プロセッサを搭載した新型iPhoneは非常に高性能になりそうです。
 
なお、A11プロセッサは10nmプロセスで製造され、独占供給する台湾のTSMCが最近、本格的に量産を開始したと報じられています。

 
 








Youtube,Amazon,Googleマップ,小林麻央ブログ,Google,楽天,DMM,Facebook,JRA,Twitter,zozoTown,UNIQLO,Gmail,郵便番号,楽天市場、価格.com,2ちゃんねる,じゃらん,クックパッド,楽天トラベル,東京オリンピック,お中元,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ