記事一覧

<働く女性>入社直後の「育休」で注意すべきことは

こんにちは~🎵お疲れ様です😆🎵🎵

【Yahooニュースより】



 「産休」は誰でも取れますが、「育休」を取る時は制限がある場合があります。特に新入社員の場合は……。後で「しまった」と言わないために取得条件や規程をきちんと確認しておくことが大切です。特定社会保険労務士の井寄奈美さんのリポートです。【毎日新聞経済プレミア】

 ◇産休は取れるが、育休は労使協定で対象外に

 「実は妊娠しています。7月出産予定で、5月半ばから産休を取りたいのですが……」

 A男さんは従業員数約300人の会社の人事部長です。今年3月の新入社員懇談会で、4月入社予定のB子さんにこう切り出され、返答に困ってしまいました。同社は毎年10人ほどの新卒を採用しています。

 これまで、入社直後の新入社員が妊娠して産前産後休業(産休)を取ったケースはありません。5月半ばに産休に入るとなると、新人研修を途中までしか受けられないでしょう。

 内定通知書には内定取り消し事由をいくつか記載しています。その中に「心身の故障のため業務に服することができなくなった場合」という項目があります。しかし、妊娠は心身の故障ではありませんし、男女雇用機会均等法は、結婚や出産を理由にした解雇や内定取り消しなどの不利益な取り扱いを禁じています。

 A男さんは「困ったことになった」と思いつつも、B子さんと後日面談することを約束し、その日の懇親会を終えました。そして、新入社員が産休と育児休業を取得できるかどうかを確認しました。

 総務部の回答は、産前6週間産後8週間の産休付与は労働基準法で定められていること▽産休期間中、B子さんには健康保険組合から出産手当金が支給されること▽育児休業は労使協定で「勤続1年未満の社員は除外」と定めているため、B子さんには適用されないこと--という内容でした。

 ◇無事出産するも育児休業を取得できず退職

 数日後、A男さんはB子さんに総務部の回答内容を伝えました。育休が取れないので、産休明けにすぐ勤務できるかどうかを確認しました。

 B子さんの夫は同学年で、他社に新卒入社する新入社員です。勤務地が決まるのは10月で、夫の勤務地が遠方になった場合はB子さんも転勤し、同居する希望を持っていました。

 予定日に出産すれば、復帰は9月初旬。その時点で保育所が決まっていなければなりません。A男さんは頭を悩ましながら、もし産休明けまでに保育所が決まらなければ、翌年3月31日まで無給の特別休職が取れるよう手配しました。

 B子さんは予定通り、4月に入社して5月半ばに産休に入り、7月に無事出産。保育所も無事見つかり、9月初めに仕事に戻りました。ところが10月に決まった夫の勤務地は遠方で、しかも、その街にはB子さんの会社の拠点がなかったのです。

 労使協定の規定で育休を取れず、また保育所を決めたことで特別休職も取れなくなり、さらに転勤もかなわないB子さんは結局、仕事の継続をあきらめて9月末で退職しました。

 もしB子さんが育休を取得できていれば、会社に在籍したまま、子供が1歳になるまで夫の勤務地で同居できていたかもしれません。妊娠・出産と仕事の両立は社会の要請ですが、働き始めた直後の女性の育休取得が困難なケースは、まだまだ残っているのです。

 ◇誰もが育休を取れるわけではない

 出産・育児をする社員が取得できる休暇には、労働基準法が定める「産前産後休業」と、育児・介護休業法が定める「育児休業」があります。

 産休は、アルバイトを含むすべての労働者が取得することができます。出産予定日6週間前から取れる産前休業は、労働者が希望すれば会社は付与しなければなりません。出産後8週間の産後休業は、たとえ労働者が働くことを希望しても会社は原則働かせてはいけません。

 一方、育休は1歳に達するまでの子を養育する労働者が取得できます。産休は女性が対象ですが、育休は父親も対象です。

 ただし、会社と従業員代表(もしくは過半数が加入する労働組合)が労使協定を結んだ場合、入社して1年未満▽育休取得申し出の日から1年以内に雇用契約が終了することが明らか▽週の所定労働日数が2日以下--の労働者には、適用しなくていいことになっています。

 今回B子さんは育休制度の適用外だったため、産休後に復職しなければなりませんでした。万一復職できない場合を考えて、A男さんは恩恵的な「特別休職」扱いを検討したのです。

 就業規則に規定がある場合を除き、会社には休業中の社員への給与支払い義務はありません。そのため、産休中の所得補償としては、社員が加入する健康保険組合から出産手当金が出ます。また育休期間中は、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されますが、育児休業を開始した日より前の2年間に、12カ月以上の雇用保険加入期間が必要です。

 今回は新卒女性のケースでしたが、転職直前に妊娠が分かり、新しい会社に入ってすぐに出産する女性は、育休取得の条件や規定をしっかりと確認しておきましょう。








Youtube,Amazon,Googleマップ,小林麻央ブログ,Google,楽天,DMM,Facebook,JRA,Twitter,zozoTown,UNIQLO,Gmail,郵便番号,楽天市場、価格.com,2ちゃんねる,じゃらん,クックパッド,楽天トラベル,東京オリンピック,お中元,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ