記事一覧

iPhone 7の強みはハードウェアじゃない

こんにちは❗【iPhone7情報】お伝えします

iPhone 7の発表は、おおよそ予想されていたものの、Apple Watchシリーズ2が「ポケモンGO」に対応するなど、ライブ中継を見て興奮した人は多いのではないだろうか。

 そして、ゲームとは無縁な筆者でも、「おっ!」と声をあげてしまったのが、日本の独自の非接触型ICカードの技術方式である、FeliCa(フェリカ)に対応したことだ。Appleは、過去にも新しい技術方式に対応してきたが、多くはグローバルで多く利用されているものであり、特にアメリカを中心としたものだった。それが、自国ではなく、また人口が多い中国やインドでもなく、日本独自の技術に対応したことには、とても大きな驚きを覚えている。

 サンフランシスコのイベント会場にいた筆者の友人の話によると、Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるPhilip Schiller氏が壇上で「FeliCa」の文字を見せたとき、そして「Suica」のロゴを見せたときの会場は、ほぼ静まり返っていたそうだ。その中で、一部の日本人記者の驚きの声が聞き取れたということだった。それほど、記者会見に参加した多くの米国記者の心を打たなかったとも言える。しかし、われわれ日本のiPhoneユーザーにとって、待ちに待ったサービス提供だ。筆者は、おサイフケータイ機能を使うためだけにAndroid端末のXperiaを使っている。チャージするとき以外は、ほぼ起動しない、というもったいない使い方だ。つまり、おサイフケータイ機能以外は、すべてiPhoneで賄えるという裏返しでもある。

 では、Suicaが使えるようになったことは、iPhoneを法人ユースする上で企業にどのようなメリットがあるのだろうか。

Apple Payとはなにか?

 まず、今回SuicaをサポートしたApple Payとは何か。一般的に、POS(Point of System)と呼ばれる、販売時点情報管理用の非接触型iOSアプリのことだ。クレジットカード、デビットカードなどの取引情報を、信用照会端末で読み取るものになる。2014年10月にアメリカでスタートし、その読み取り速度の早さで人気を博した。その後、2016年2月に中国、4月にはシンガポールと、アジアでの展開も始まり、日本での展開が期待されていたのだ。

 一方、日本のSuicaの技術の背景は、ソニーが開発したFeliCaだ。そして、FeliCaを使ったICカードは多く、JR東日本のSuica、関東の私鉄を中心に展開しているPASMO、JR西日本のICOCAなど、鉄道系のカードが有名どころ。それ以外に、Edyやnanacoといった個別のカードも、技術的にはFeliCaを利用している。

 iPhoneで使えるApple Payでは、一般的なクレジットカード、アメリカンエキスプレスやマスターカードという世界的なカード以外に、今回セゾンカードや三井住友カード、さらにはソフトバンクカードといった通信事業者のクレジットカードも対応してきた。つまり、iPhoneを日本のおサイフケータイのようにかざすだけで、クレジットカードでの支払いが可能になるのだ。

 そこに今回、JR東日本のSuicaを対応させてきたことが、われわれ関東のビジネスパーソンにとっては、とても便利に感じているところなのだ。このFeliCa、日本だけで普及していると思われがちだが、実は日本よりも早い1997年に香港のオクトパスカードとして採用され、2002年にはシンガポールのEZ-Linkとして採用されている。今年になってApple Payがシンガポール、香港でスタートした流れから考えると、日本で展開するのは当然と言えるだろう。

iPhoneをかざすだけで交通費精算も勤怠管理もできるようになった

 Suicaは交通費以外に、ショッピングに利用できるのが便利だ。しかし、会社の交通費精算にも使えることをご存じだろうか。

 グループウェアで有名なサイボウズが提供するkintone(キントーン)は、ブラウザ上で簡単に業務アプリケーションを作ることができることで人気のクラウド基盤サービスだ。そのkintoneと連携した交通費精算サービスがkincone(キンコン)というものなのだ。名前が似ているが、kinconeはkintoneの上で動くサービスだ(データ連携がなければ、単体でも動く)。

 kinconeは、iPhone 7とカードリーダーがあるだけで導入できる。10月のiPhone 7のSuica対応が始まれば、iPhone 7でタッチするだけで、出退勤を管理できる上に、交通費精算の記録もできてしまうことになる。

 kintoneを使っている企業は、そこに1人あたり月額250円を加算するだけで、社員自身の月末精算業務はもちろんのこと、経理スタッフが全社員の交通費を取りまとめるといった作業の工数が大幅に削減できるのだ。


「kincone」のPC上の管理画面

「kincone」のiPhone上の出勤時画面

オフィスの入退室管理もiPhoneで一発

 オフィスの入退室に、カードキーを使っている企業は多く、首からストラップでカードキーをぶら下げている人をよく見る。筆者は前職でぶら下げるのが嫌だったのだが、外資系企業では腰のあたりにぶら下げている人が多くて、首からぶら下げるよりはずっとスマートに感じる。

 そのカードキーは、一般的には専用カードキーなのだが、実はSuicaなどの交通系カードを転用することもできるのだ。


入退室クラウドサービス「Akerun」

 入退室クラウドサービスのAkerunは、最初に対応したのがiPhoneアプリでの開閉だったのだが、現在はSuicaに対応している。つまり、Suica対応のiPhone 7であれば、出社した際にカードキーを取り出す必要もないということだ。

 モバイル化されて、いろいろな情報が小型端末で活用できる時代になったのだが、なぜか荷物が多い、という方は多いのではないだろうか。それは財布の中も同じで、クレジットカード、ポイントカード、会員カードなど、多くのカードが財布の中を占める状態で、さらにネックストラップの付いたカードキーを探すために、扉の前でカバンの中をまさぐっている人をよく見かける。

 専用カードキーは初期としては良かったのだが、少しでも手荷物を減らし、スマートに活動するという発想でいくと、Suicaをオフィスのカードキーとして活用するほうが望ましいと思うのだ。Akerunの特徴は、入退室の記録をPCで管理できる点で、さらに来客に対してPCから解錠することができるのも便利だ。

 AppleがiPhoneをSuica対応させてきたことで、多くの「おサイフケータイ」のためだけにAndroid端末を持っていた筆者のような人間にとって、Androidは無用の長物となってしまうことになった。また、防水機能については、筆者の知り合いの記者が風呂に放り込んだ動画をYouTubeにアップしているので、こちらを見ていただければ、風呂程度は問題なく使えることが分かる(風呂での使用は自己責任で)。もっとも、ビジネスパーソンとしては、風呂のタイミングくらいはiPhoneと離れても良いのかもしれないが。

iPhone7動画はこちらです⬇⬇⬇

https://youtu.be/Y9bjgpQob0o

Youtube,Amazon,Googleマップ,DMM,楽天,Google,ポケモンGO,Facebook,東京オリンピック,Twitter,FC2,ANA,Amazon,楽天市場,クックパッド,電力,自然フリー画像,2ちゃんねる,価格.com,AU,docomo,ソフトバンク,JTB,USJ,天気予報,apple,iPhone7,小林麻央ブログ,高畑裕太,君の名は,市川海老蔵ブログ,リオオリンピック,福原愛,水素生成器,ベッキー,

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iphone7ブログ

Author:iphone7ブログ
自然フリー画像です。
どんどんフリー写真を投稿していきます。
フリー画像なのでダウンロード御自由にしてください。

カテゴリ